スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<裁判員裁判>強盗致死2被告に懲役23年 東京地裁判決(毎日新聞)

 東京都板橋区のアルバイト、中村隆志さん(当時25歳)から現金を奪い死なせたとして、強盗致死罪などに問われた無職、吉松徹(22)と同、増田弘樹(22)両被告の裁判員裁判で、東京地裁(藤井敏明裁判長)は16日、ともに懲役23年(ともに求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。

 事件では計7人が同罪で起訴され、他の5人も、裁判員裁判で審理される。判決後に会見した裁判員の40代男性は「複雑で難しい事件だった。他の被告の公判も傍聴したい」と話した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
裁判員裁判:新潟地裁で開始 全国で最も遅く
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張
裁判員裁判:「強い殺意」被告に懲役16年 横浜地裁
裁判員裁判:父殺害の男に懲役11年 東京地裁判決
自宅放火:心神喪失認めず有罪判決 東京地裁

民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か-京都・舞鶴(時事通信)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)
<日本ファッション・ウィーク>東京ミッドタウン中心に開幕(毎日新聞)
<トキ9羽死>夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター(毎日新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。