スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

採用面接「部長ならできます」への考察(産経新聞)

【from Editor】

 50代とおぼしき男性が、中小企業を訪ね、そこの社長に採用面接を受けた。

 社長「履歴書を見る限りよくわかりませんが、自信をもって何かできることはありますか」

 男性「?」

 社長「ですから、手に何か技術をお持ちですか。あるいは財務関係にはかなり詳しいとか」

 男性「そうですねえ。そうしたものは特にありませんが、“部長”ならできると思います」

 100年に1度の大不況。中高年の再就職状況は厳しい冬が続いている。そうした中、都内のハローワーク関係者から聞いた話だ。

 日本の高度経済成長で大企業がたくさん誕生し、多少の好不況の波はあっても、海外展開なども含めて組織拡大が進んできた。流通業などでは全国規模の企業もどんどん現れ、ベテランの社員が管理職として組織の管理能力を問われるようになった。

 聞いたことのある区分けでいうと、「総合職」とか「一般職」、あるいは「専門職」とか「技術職」など、企業や業界によってさまざまな呼び名と位置づけがなされた。簡単にいえば、企業にとって人材を「ゼネラリスト」と「スペシャリスト」に分けて、ビジネス発展の総合パワーを高めてきた。ゼネラリストは、その企業がカバーする分野に幅広く対応できる能力を持ち、スペシャリストを含め一定の組織単位の管理運営ができる人材といえる。

 しかし、リストラ時代になって、人員合理化をどこから手をつけるかとなると、ゼネラリストがどうしても先にならざるを得ない。業種にもよるが、スペシャリストはその企業にとって必要不可欠な存在。一方、ゼネラリストはある程度、社内で代替がきく。

 くだんの男性は、大企業ではないけど上場企業規模の間接部門の部長経験者だったらしい。スペシャリストの使い方、社内組織のなかで各部門との調整などに力を発揮し、そうしたことに自信と自負をもっていたのだろう。ちなみにその中小企業には不採用で、ほかのところにも就活を行ったが、同様な結果だったという。

 今年もまた、オフィス街に新入社員の輝かしい姿を多く見られる季節になった。企業にとって、これからの人材育成という観点からいえばゼネラリストとスペシャリストの二色構成では「発展の絵」は描けなくなるのではないか。企業規模拡大が永遠に続くと思い込んでいるなら別だが。(編集委員 小林隆太郎)

【関連記事】
45%の企業が65歳以上を全員雇用 厚労省調査
【今、何が問題なのか】教師全員クビ
会社に見切り? 三越4人に1人が早期退職希望
苦渋の再雇用、「骨抜き」の声も
社員“採点”結果で再雇用せず 「違法な制度」OB提訴

<囲碁>中部総本部を閉鎖 所属棋士5人が引退(毎日新聞)
<トキ>産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>中国政府の対応評価 平野官房長官(毎日新聞)
<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)
<死体遺棄容疑>自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」(毎日新聞)

北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)

 30日午後5時40分頃、北九州市小倉南区新曽根の「白石鉄工」資材置き場で、同社社長の白石正人さん(70)がうつぶせに倒れているのを家族が見つけ、110番した。

 福岡県警小倉南署員が駆け付けたところ、資材置き場のコンテナ(縦約2・2メートル、横約1・6メートル、奥行き約2メートル)内で死亡していた。同署は白石さんの頭部に刃物による複数の切り傷があることから、殺人事件と断定し、捜査本部を設置した。

 発表によると、白石さんは同日正午前、「体調が悪い」と従業員に言った後、姿が見えなくなった。家族や従業員が捜したが見つからず、午後4時頃、同署に捜索願を出した。その後、家族らが資材置き場などを捜し、コンテナ内で死亡しているのを見つけた。

優木まおみ、「第9地区」シンポジウムで「エイリアンとも共存したい」
<民主党職員>国が給与 内閣官房在籍の調査員(毎日新聞)
<新入社員>目指す役職は?…「興味なし」が男性で初の首位(毎日新聞)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)
[NPB]今年のスローガン「ここに、世界一がある。」に

<気温>4~6月は平年並み 東海3カ月予報(毎日新聞)

 名古屋地方気象台は25日、東海地方の3カ月予報(4~6月)を発表した。総じて気温は平年並みか高くなる見込み。

 4月=平年同様、晴れの日が多い。一時気温が低くなる▽5月=平年同様、晴れの日が多い。気温は高い見込み▽6月=平年同様、曇りや雨の日が多い。気温が低くなる時期がある。

【関連ニュース】
気象庁:天気予報サービスでトラブル
座礁船:岸に接近、自力脱出困難に 北海道石狩湾
気象庁:4月の気温は高め 3カ月予報
無人偵察機:実物大模型を日本初公開 東京・大田の展示場
神戸市:震災再開発事業で初の行政代執行

満天の星に愛誓い プラネタリウム結婚式 滋賀のホテル あす第1号(産経新聞)
<長谷川等伯展>鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」(毎日新聞)
インフルサーベイ見直しで事務連絡―厚労省(医療介護CBニュース)
「家計費の節約になるなら…」 主婦、CO2削減負担どうする?(産経新聞)
小林議員陣営、北教組献金前に事務所費集め躍起(読売新聞)

北教組起訴 民主・小林議員は離党も議員辞職もせず(産経新聞)

 北海道教職員組合からの不正資金提供事件で同教組委員長代理の長田秀樹容疑者(50)と自らの選挙陣営の経理担当だった木村美智留容疑者(46)が政治資金規正法(企業・団体献金の禁止)違反で起訴されたことを受け、民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=は22日夜、北海道札幌市内で記者会見し、離党や議員辞職する考えがないことを明らかにした。

 小林議員は会見で「離党、辞職は考えていない。今以上に、国会や地域での活動に全力を尽くす」と述べた。

乳児虐待死の父が起訴内容否認「まったくの間違い」(産経新聞)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)
<紛失>退職予定4人分の警察手帳 兵庫県警(毎日新聞)
スギ花粉症ワクチンの共同研究に着手―理研と鳥居薬品(医療介護CBニュース)
「定数削減、統一選で問う」大阪の橋下知事(産経新聞)

<覚せい剤>使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 覚せい剤取締法違反(使用)に問われた元千葉県警佐倉署警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=に対し、東京地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。吉村典晃裁判官は「『交際女性と別れたくない』という気持ちから覚せい剤を女性と一緒に使用しており、強い非難に値する。警察への信頼を損なわせたが、深く反省している」と述べた。

 検察側は公判で、佐藤被告がかつて容疑者として取り調べた池辺正子被告(43)=同法違反で公判中=と不倫関係になり、池辺被告に密売人を紹介したと指摘していた。

 判決によると、佐藤被告は09年12月、千葉県佐倉市で池辺被告とともに覚せい剤を使用した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
中国:覚せい剤密輸容疑で日本人逮捕 1キロ所持
覚せい剤:ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで
覚せい剤:元警部補が「密売人紹介」初公判で検察
覚せい剤:被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張

元Jリーガー、強制わいせつ容疑など不起訴(読売新聞)
支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り-北海道(時事通信)
カブト・クワガタ108匹盗む、容疑の男逮捕(読売新聞)
クロマグロ、禁輸回避確実に=モナコが決議取り下げ-条約会議(時事通信)
強風で22人けが、16件の建物被害 神奈川(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。